2019.02.28更新

駐車場を歩行中,誤って手荷物を自動車にぶつけ擦過痕をつけてしまったという流山市の方について,小職が代理人として自動車の所有者と交渉を行い,相応の修理費を支払うとの内容での和解を成立させることができました。

投稿者: 流山法律事務所

entryの検索

カテゴリ

top_btn11_sp.png
04-7150-8810 メールでのお問い合わせ
弁護士ブログ よくある質問 解決事例 流山法律事務所 離婚・男女問題相談サイト