2016.07.11更新

流山法律事務所の弁護士の川越です。

 

松戸地方裁判所のすぐ近くに、松戸拘置所という施設があります。

拘置所とは、捕まった人を収容しておく施設ことで、私も、捕まった人と面会するため、よく訪れます。

 

ところで、捕まっている人に差し入れをするときには、差し入れの申込書を書かなければなりません。松戸拘置所には、申込書の見本が掲示され、記載方法を説明してくれています。

例えば、本の差し入れについては、「本の題名、何月号、何巻など、差入れされた人が分かるように記載してください!」との記載方法が示されています。

 

しかし、申込書の見本には、「少年ジャンプ 1」とか、「週刊現代 1」としか書かれていません。

これでは、「週刊少年ジャンプ」か「月刊少年ジャンプ」か分かりませんし、何号の少年ジャンプかも分かりません。

きっと、「週刊少年ジャンプ 平成28年第○○号 1」などのように記載しなければならないのではないかと思いますが、どうなのでしょうか。

 

いずれにせよ、掲示されている記載方法と見本とが一致していないように思いますので、修正した方がよいのではないかな?と思いました。

投稿者: 流山法律事務所

entryの検索

カテゴリ

top_btn11_sp.png
04-7150-8810 メールでのお問い合わせ
弁護士ブログ よくある質問 解決事例 流山法律事務所 離婚・男女問題相談サイト